インプラント

オリーブ歯科では歯周病や虫歯で歯を失った方に、インプラント治療の専門の設備と症例実績の多い提携医療機関をご紹介しています。 取り外し式の入れ歯では味わえない快適なお口の環境をご希望の方はお気軽にご相談ください。

ページのトップに戻る

CTによる正確な診断

CTによる正確な診断

提携医療機関では、インプラント治療に際しCT画像を使用します。コンピュータ上でCT画像の表示が可能、インプラント治療の精度を高くします。

ページのトップに戻る

インプラントとは

インプラントとは

虫歯や歯周病によって歯がなくなった場合にほどこされる補綴処置(入れ歯など)の目標は、できるだけ天然歯に近い人工歯を入れ、噛む機能を蘇らせることにあります。しかし、歯の数が少なくなるほどこの目標を達成することが難しくなります。入れ歯では、柔らかい歯肉とその下の顎の骨の形が常に変化するために、長期間の機能を果たすのが不可能なことがしばしばあります。また、これが原因となり最終的に入れ歯が合わず、安定しなくなってしまうことすらあります。

インプラントは、このような場合の好ましい解決法となります。インプラント治療においては歯だけでなく、歯根も交換されます。つまり、歯の代わりとしてインプラントが顎の骨のなかに埋め込まれます。 骨は治癒期間中にインプラント周囲で育成して、インプラントは最終的に骨にしっかりと固定されます。インプラントは治癒期間中に歯肉の下にかくれ、食事の問でも完全に保護されています。そして、インプラントを植え込んでから少なくても3から6カ月後に、支台部(歯を支える部分)が連結され、その上に新しく歯が装着されます。歯と同様にインプラントが噛む力を吸収して、顎の骨に力を適切に伝達します。

ページのトップに戻る