歯のお話

| 矯正症例集 »

子どもとおとなの歯のお話 第18話

091212.jpg

親子一緒に矯正治療をすることについて、目黒にある「オリーブ歯科・矯正歯科」の安藤如規院長に聞きました。 

「子どもの矯正治療をしていると、“私の年齢でも矯正は可能ですか?”と、お母さんからよく質問されます。

昔自分も矯正治療をしたかったができずに大人になり、子どもの歯並びがきれいになるのを見て、自身も矯正治療を希望されるケースです。
この場合、もちろん矯正に年齢制限はありませんので、矯正治療は可能です。

親子で治療することで、歯並びがきれいになる経過を子どもと共有でき、来院や家庭での歯ブラシの励みにもなります。

子どもの矯正をきっかけに、お母さん自身の歯も相談してみてはいかがでしょう」 

次回1月の掲載テーマは、「ジルコニアブラケット」についてです。

矯正歯科 東京都 目黒区 オリーブ歯科 歯列矯正

ページのトップに戻る

 

子どもとおとなの歯のお話 第17話

091121.jpg

矯正治療の医療費控除について、「オリーブ歯科・矯正歯科」の安藤先生に聞きました。

「矯正治療費は例外を除き、保険がきかない自由診療ですが、確定申告をし、条件が合えば医療費控除が受けられることが意外と知られていません。

20歳未満では無条件ですが、20歳以上では、審美・美容・予防目的と判断されると、控除が否認されることもあります。

医療費控除は、矯正治療費を含むその年の全医療費のうち、10万円を超えた分が所得控除対象金額となります。
そのため、所得税の還付と住民税の減額が行われ、個人の最高税率の場合は、医療費支払い総額10万円以上の約半分が返ってくるケースもあります。

確定申告の際、医院からもらう領収証が必要となるので、大切に保管しましょう」。
詳細は近くの税務署に確認を。 

次回12月の掲載テーマは「親子で矯正」です。

矯正歯科 東京都 目黒区 オリーブ歯科 歯列矯正

ページのトップに戻る

 

子どもとおとなの歯のお話 第16話

091017.jpg

思春期の矯正治療について、「オリーブ歯科・矯正歯科」の安藤先生に聞きました。

「思春期に始める矯正治療で見落としがちな注意点は、子どもの心理面です。

中学生になると永久歯も生えそろい、本格的に矯正治療を始められる時期。
運動や楽器の演奏、受験勉強などと矯正治療を両立できるか心配されるケースが多々あります。

矯正治療の初期は痛みや違和感を少し伴うケースもありますが、部活や勉強に大きな影響を与えることはまれ。
しかし子ども本人の理解や納得がないまま、ドクターと親の間で話が進み矯正を始めた場合は、思わぬ壁にぶつかることがあります。

本人の理解がないと、入念な歯みがきができなかったり、自分で使うゴムをうまく装着できず、虫歯ができたり、かみ合わせの仕上げがうまくいかない場合も。

思春期に矯正を行う場合は、担当医が親・子ども本人としっかり話し合い、理解と納得を得た上で治療を始めるのが大切です」 

次回11月21日付は「医療費控除について」です。

矯正歯科 東京都 目黒区 オリーブ歯科 歯列矯正

ページのトップに戻る

 

子どもとおとなの歯のお話 第15話

090919.jpg

大人が矯正を始めるタイミングついて「オリーブ歯科・矯正歯科」の安藤先生に聞きました。 

「子供のころに矯正治療をすすめられたけれど、治療をせずに自分の歯並びがずっと気になっている方も多いのではないでしょうか。

最近は就職や婚約などをきっかけに矯正治療を始めるケースが増えています。
就職活動では“矯正装置が内定に不利に働くのでは…”と思い、治療をためらう方もいますが、オリーブ歯科・矯正歯科では、『自分の健康管理を兼ねながら矯正治療をしているのは、社会人として人前に出るための礼儀の1つ。

歯並びを改善していることを、自信を持ってアピールできるよいチャンスと思ってください』と説明しています。

就職や結婚など、人生のステージが変わるときは、歯並びを治すタイミングの1つ。実際の費用や期間など、一度相談してみてはいかがでしょうか」 

次回10月17日付は「思春期の矯正について」です。

矯正歯科 東京都 目黒区 オリーブ歯科 歯列矯正

ページのトップに戻る

 

子どもとおとなの歯のお話 第14話

09822.jpg

矯正治療で感じる痛みについて「オリーブ歯科・矯正歯科」の安藤先生に聞きました。 

「矯正治療に伴う痛みで初期に起こるものは、歯が動くことによる痛みです。
矯正をされる方の感受性の違いで痛み方も違いますが、痛みに弱い方への治療法の一つとして、当院ではワイヤーの滑りが良いブラケットと細いワイヤーを使用した『セルフライゲーションシステム』を採用しています。

そのほかの痛みでは、器具が粘膜に当ってできる口内炎の痛みや、移動中の歯に起こる知覚過敏の痛みなどがあります。

どちらも一過性のもので、粘膜保護材の使用や知覚過敏の薬を使うことで対処しています。
不安な点は担当医によく相談してから治療を開始しましょう」 

次回9月19日付は「歯並びと社会生活について」です。

矯正歯科 東京都 目黒区 オリーブ歯科 歯列矯正

ページのトップに戻る

 

子どもとおとなの歯のお話 第13話

090718.jpg

子どもの矯正費用について「オリーブ歯科・矯正歯科」の安藤先生に聞きました。

「矯正治療の費用は、おもに検査診断料・装置料・毎月の調整料からなります(下囲み参照)。

乳歯の矯正や混合歯列の矯正を行った後に、永久歯の矯正を行う場合、前の装置料との差額を適用しています。

すべての矯正が小児期から必要ではありませんが、永久歯まで放置すると費用や治療の負担が大きくなることもあります。

乳歯や混合歯列の矯正で気になる方は夏休みに一度相談を」 

次回8月22日付は「矯正の痛みについて」です。

矯正歯科 東京都 目黒区 オリーブ歯科 歯列矯正

ページのトップに戻る

 

子どもとおとなの歯のお話 第12話

090627.jpg

親知らず(以下:智歯)と歯並びの関係について「オリーブ歯科・矯正歯科」の安藤先生に聞きました。 

「前歯の歯並びが年齢とともに乱れてくると、智歯が影響しているのでは?と思われがちです。
そのため若いうちに智歯を抜いてしまう方がいますが、必ずしもいい結果をもたらすとは限りません。

例えば凸凹になった歯並びでは通常前から4番目の小臼歯(しょうきゅうし)を抜きますが、智歯があれば、その手前の歯を抜き、智歯を利用し、小臼歯を抜かずに矯正治療が可能な場合も。

また智歯の手前が虫歯の場合もその歯を抜き、智歯を利用することが可能です。

歯並びが気になり、親知らずを抜いていない場合は、矯正歯科へ相談してみましょう」

次回7月18日付は「歯の矯正費用について」です。

矯正歯科 東京都 目黒区 オリーブ歯科 歯列矯正

ページのトップに戻る

 

子どもとおとなの歯のお話 第11話

090530_.jpg

歯の数が多い「過剰歯」について、「オリーブ歯科・矯正歯科」の安藤先生に聞きました。

「生まれつき永久歯が足りない『先天性欠如歯』のかみ合わせへの影響は第8話で紹介しましたが、生まれつき歯が多い『過剰歯』もまた影響があります。特に上前歯の間に余分な歯が埋まっていたり、隣り合わせで生えていることが多く、これによりもとの歯が正しい位置に並ばず、不正咬合(こうごう)や歯根吸収を引き起こします。

すでに生えている場合は過剰歯を抜歯後、矯正治療が必要ですが、埋まっている場合は埋まり方により抜く時期も変わります。

歯の数が足りているのに隙間が空いていたり、左右で歯の生える時期が極端に違う場合は矯正医の検査を受け、適切な処置の内容と時期を相談してみましょう」 

次回6月27日付は、「親知らずと歯並びの関係について」です。

矯正歯科 東京都 目黒区 オリーブ歯科 歯列矯正

ページのトップに戻る

 

子どもとおとなの歯のお話 第10話

090425.jpg

歯の一部のみ矯正する「部分矯正」について「オリーブ歯科・矯正歯科」の安藤先生に聞きました。 

「前歯が少しずれているけれど、矯正は時間も費用もかかるし…と躊躇(ちゅうちょ)される方がいます。前歯の矯正には、全体を矯正する方法と、気になる部分のみを矯正する方法があり、程度が軽ければ部分矯正が可能です。

また、歯を削りセラミックを被せて前歯の乱れを正す治療法もありますが、歯を削るのは健康なエナメル質を失う上、歯ぐきのラインの乱れも治らず、歯根と被せ物の向きが合わないため、歯に負担がかかります。
部分矯正では、歯根ごと三次元的に歯を移動して配置。

矯正器具を使うデメリットはありますが、歯を削る必要はなく、全体矯正に比べ時間・費用の負担が少なくて済みます。気になる方は一度歯科医に相談をしてみてはいかがでしょうか」 

次回5月30日付は、「過剰歯について」です。

矯正歯科 東京都 目黒区 オリーブ歯科 歯列矯正

ページのトップに戻る

 

子どもとおとなの歯のお話 第9話

090328.jpg

歯の裏側に装着する「舌側矯正」について「オリーブ歯科・矯正歯科」の安藤先生に聞きました。 

「矯正装置を裏側につける〝舌側矯正〞は、職業上などの理由で表に器具を装着できない人に人気があります。

一方、歯の裏側の形や厚みは人それぞれのため、従来の既製品は調整が難しく治療期間がかかる、永久歯完成直後の十代の患者には使えないなどのデメリットがありました。

それを解消した新しいシステムが、ドイツ発の〝インコグニト〞。光学3Dスキャナーとコンピュータで個々の歯にカスタムメイドのブラケットを作り、ロボットが精密に曲げたワイヤーを使用することで、一人一人に合った矯正器具に。

フルオーダーなので従来の舌側矯正より費用がかかりますが、十代の短い歯にも装着でき、ブラケットの素材が金合金のため、ニッケルアレルギーの人にも装着可能です」 

次回4月25日付の掲載内容は、「部分矯正」についてです。

矯正歯科 東京都 目黒区 オリーブ歯科 歯列矯正

ページのトップに戻る

 

子どもとおとなの歯のお話 第8話

090228.jpg

「先天性欠如歯」について、「オリーブ歯科・矯正歯科」の安藤先生に聞きました。 「先天性欠如歯とは、生まれつき歯が足りない状態のこと。乳歯で約2%、永久歯では約8%の人に現れます。 乳歯の前歯は2本の歯が1本にくっついて癒合歯(ゆごうし)になる場合も。 乳歯の先天性欠如や癒合歯は、永久歯が5割以上の確率で欠如してしまいます。 また奥歯では乳歯があっても永久歯が欠如していることが多く、その場合、二十歳前後まで乳歯が抜けないので気が付かずに大人になってから困ることも。 先天性欠如歯は、矯正治療などの治療を受ければ、見た目やかみ合わせは回復します。 一方そのままにしておくと、その後の治療が困難に。歯の欠如が疑われたら、なるべく早く矯正医の診査を受け、将来の健康なかみ合わせに向けて計画を立てましょう」  次回3月28日付の内容は「ドイツ発の新型舌側矯正装置」についてです。

矯正歯科 東京都 目黒区 オリーブ歯科 歯列矯正

ページのトップに戻る

 

子どもとおとなの歯のお話 第7話

090131.jpg

歯並びの悪さが歯に与える影響を「オリーブ歯科・矯正歯科」の安藤先生に聞きました。 

「日本人は欧米人に比べ歯並びに関心が低く、一昔前までは〝八重歯がかわいい〞と言われることも。最近ではだいぶ認識が変わり、矯正をする人が増えてきました。
しかし悪い歯並びは見た目だけの問題ではなく、虫歯や歯周病の原因になる場合があります。

歯が重なっていると歯ブラシが届かないだけでなく、唾液や食べ物の流れ、唇や舌があたることによる自浄作用が低下し、ばい菌のたまり場が出来てしまいます。
そのため虫歯や歯周病による口臭や歯ぐきの出血、さらには歯の喪失につながる人もいます。

矯正治療に年齢制限はありませんが、歯周病が進むと矯正が出来ません。歯並びの悪さに心当たりのある人は早めの相談をおすすめします」 

次回の内容は、歯が生まれつき足りない 「先天性欠如歯」についてです。

矯正歯科 東京都 目黒区 オリーブ歯科 歯列矯正

ページのトップに戻る

 

子どもとおとなの歯のお話 第6話

081227.jpg

親の歯並びは子どもに遺伝するもの? 
「オリーブ歯科・矯正歯科」の安藤先生に聞きました。 

「子どもは成長が進むにつれ、顔や背格好が両親に似てくるように、八重歯や出っ歯、受け口(反対咬合)などの歯並びやかみ合わせも似てきます。

特に両親どちらかが受け口の場合は注意が必要です。
頭がい骨の中で最も遅く成長するのが下顎(あご)の骨。身長が著しく伸びる思春期成長の時期に下顎も大きくなります。

そのため女子では11歳前後、男子では14歳前後に受け口の程度がグッと強くなる場合があります。

深刻な場合は手術が必要となることもありますが、成長期前の小学校低学年までに受診をし、顎の矯正をすることで手術をしなくて済む場合がほとんどです。
子どもの受け口の程度が軽くても放っておかず、早めに受診をしましょう」 

次回は、1月31日付。内容は「歯並びと歯周病の関係は?」です

矯正歯科 東京都 目黒区 オリーブ歯科 歯列矯正

ページのトップに戻る

 

子どもとおとなの歯のお話 第5話

081115.jpg

矯正に抜歯は必要? 「オリーブ歯科・矯正歯科」の安藤先生に聞きました。

 「永久歯列では抜歯をして矯正治療を行うことがあります。
ではなぜ抜歯をするのでしょうか。
歯並びが悪い原因は隙間不足といわれます。

例えれば、4人がけのソファに5人座っている状態。
そのため1人分を空けてゆったり座れるようにするイメージで抜歯をします。
ではソファを大きくすれば問題が解決しそうですが、ソファを入れる部屋の広さは最初から決まっているもの。

つまり顎(あご)の大きさは決まっているので、それを無理に広げて歯を抜かずに矯正を行うと口元が極端に出っ張るなどの影響があります。

すべてのケースで抜歯をするわけではないので、歯並びが気になる人は抜歯が必要かも含め、一度専門医に相談してみてはいかがでしょうか」 

次回は、12月27日付。内容は「親子で歯並びは遺伝するの?」です。

矯正歯科 東京都 目黒区 オリーブ歯科 歯列矯正

ページのトップに戻る

 

子どもとおとなの歯のお話 第4話

081018オリーブ歯科.jpg

従来より早く矯正を終えられる治療法「セルフライゲージシステム」について、目黒にある「オリーブ歯科・矯正歯科」の安藤先生に聞きました。

「最近患者さんの矯正治療に対する意識に変化が見られ、見えない矯正とともに治療期間の短い矯正を選ぶ人が増えています。
それがデーモンシステムなどの『セルフライゲージシステム』と呼ばれる矯正装置です。
通常、ワイヤを矯正装置(ブラケット)に小さなゴムや細いワイヤで結ぶため、摩擦力が生じます。一方デーモンシステムではそれらを使用せず独自の仕組みでワイヤをセット。

摩擦が少なく、ごく弱い自然な力で歯を移動することにより、歯に優しい矯正治療が可能になりました。現在、矯正材料各社で開発が盛んな『セルフライゲージシステム』。
今後の矯正治療の主流となっていくと思います」 

次回は、11月15日付。内容は「矯正治療と抜歯について」です。

矯正歯科 東京都 目黒区 オリーブ歯科 歯列矯正

ページのトップに戻る

 

子どもとおとなの歯のお話 第3話

 

矯正をしたいけれど、器具がいやでちゅうちょしてしまう、という人は多いのでは。
「オリーブ歯科・矯正歯科」の安藤先生に聞きました。
 
「現在、歯列矯正ではなるべく目立たないように、透明なセラミックブラケットを表側につけるのが主流です。しかし職業上などの理由により、他人に気づかれずに矯正をしたい方も多くいらっしゃいます。
その場合は、歯の裏側に矯正装置をつける舌側矯正があります。
料金や治療期間でデメリットもありますが、他人に気づかれないメリットは大きなものです。
そのほか、取り外しのできる透明なマウスピースでの矯正も状態によって選べる場合も。

矯正歯科医院には実物模型も置いてありますので、自分はどの装置が合っているかを一度相談に行ってみてはいかがでしょうか?」 

次回は10月18日付。内容は「より早くより快適に矯正をする方法」です。

矯正歯科 東京都 目黒区 オリーブ歯科 歯列矯正

ページのトップに戻る

 

子どもとおとなの歯のお話 第2話

第2話.JPG

矯正治療について相談をしたいけれど、どの医院に行ったらいいか…。
「オリーブ歯科・矯正歯科」の安藤先生に聞きました。

「矯正医を選ぶには第一に、大学病院などの指定医療機関で5年以上の矯正臨床経験を経て、学会での認定審査に通過し、5年ごとに一定基準をクリアしている歯科医師であること。

第二に、矯正診断で顎のズレやEラインの計測に不可欠な頭部レントゲンが撮れること。

さらに、患者側の権利であるセカンドオピニオンを積極的に受け入れてくれることも大切です。

とはいえ長い付き合いになる矯正治療。
最終的には親身になって相談にのってくれる信頼できる先生を選びましょう」 

無料相談を行っている医院も多いので気軽に相談に足を運んでみては。

次回は9月20日付。内容は「他人に気付かれずに矯正をする方法とは」。

矯正歯科 東京都 目黒区 オリーブ歯科 歯列矯正

ページのトップに戻る

 

子どもとおとなの歯のお話 第1話

第1話_.JPG


「子どもの歯並びが気になるけど、いつ矯正を始めたらよいか分からない」
という声をよく耳にします。

小学校低学年になると、前歯が乳歯から永久歯に生え変わり、6歳臼歯(きゅうし)が生え始める「混合歯列」という時期になります。
この時期は矯正治療にとって大事な時期。

顎のずれを治したり、前歯の部分矯正をしたり、口呼吸や指しゃぶりなどをする口周りの筋肉の悪習慣を正したりします。

特に顎や筋肉の問題は、成長が進むと治る確率が低くなる上、
後戻りしやすくなります。

学校健診では、必ずしも矯正専門医が担当するわけではなく、
顎のずれがありながら指摘されないことも。
無料で矯正相談を行う矯正歯科も多いので、
永久歯が生え始める7歳ごろになったら一度専門医に相談を。
この夏休み、矯正専門医を訪ねてみてはいかが。

次回は、8月23日付で掲載。
内容は「いい矯正歯科の選び方」です。

***************************************************************
      オリーブ歯科・矯正歯科 目黒矯正歯科センター
        院長・センター長 安藤 如規
        〒153-0063 東京都目黒区目黒1-4-8
                           ニュー目黒ビル 2F
             tel,fax    03-5434-6480
               URL    http://www.olive-dc.com
     携帯URL   http://www.olive-dc.com/i/
             e-mail    info@olive-dc.com
***************************************************************

矯正歯科 東京都 目黒区 オリーブ歯科 歯列矯正

ページのトップに戻る