歯のお話

« 2009年10月 | | 2009年12月 »

子どもとおとなの歯のお話 第17話

091121.jpg

矯正治療の医療費控除について、「オリーブ歯科・矯正歯科」の安藤先生に聞きました。

「矯正治療費は例外を除き、保険がきかない自由診療ですが、確定申告をし、条件が合えば医療費控除が受けられることが意外と知られていません。

20歳未満では無条件ですが、20歳以上では、審美・美容・予防目的と判断されると、控除が否認されることもあります。

医療費控除は、矯正治療費を含むその年の全医療費のうち、10万円を超えた分が所得控除対象金額となります。
そのため、所得税の還付と住民税の減額が行われ、個人の最高税率の場合は、医療費支払い総額10万円以上の約半分が返ってくるケースもあります。

確定申告の際、医院からもらう領収証が必要となるので、大切に保管しましょう」。
詳細は近くの税務署に確認を。 

次回12月の掲載テーマは「親子で矯正」です。

矯正歯科 東京都 目黒区 オリーブ歯科 歯列矯正

ページのトップに戻る