歯のお話

« 子どもとおとなの歯のお話 第8話 | | 子どもとおとなの歯のお話 第10話 »

子どもとおとなの歯のお話 第9話

090328.jpg

歯の裏側に装着する「舌側矯正」について「オリーブ歯科・矯正歯科」の安藤先生に聞きました。 

「矯正装置を裏側につける〝舌側矯正〞は、職業上などの理由で表に器具を装着できない人に人気があります。

一方、歯の裏側の形や厚みは人それぞれのため、従来の既製品は調整が難しく治療期間がかかる、永久歯完成直後の十代の患者には使えないなどのデメリットがありました。

それを解消した新しいシステムが、ドイツ発の〝インコグニト〞。光学3Dスキャナーとコンピュータで個々の歯にカスタムメイドのブラケットを作り、ロボットが精密に曲げたワイヤーを使用することで、一人一人に合った矯正器具に。

フルオーダーなので従来の舌側矯正より費用がかかりますが、十代の短い歯にも装着でき、ブラケットの素材が金合金のため、ニッケルアレルギーの人にも装着可能です」 

次回4月25日付の掲載内容は、「部分矯正」についてです。

矯正歯科 東京都 目黒区 オリーブ歯科 歯列矯正

コメントする