歯のお話

« 2009年1月 | | 2009年3月 »

子どもとおとなの歯のお話 第8話

090228.jpg

「先天性欠如歯」について、「オリーブ歯科・矯正歯科」の安藤先生に聞きました。 「先天性欠如歯とは、生まれつき歯が足りない状態のこと。乳歯で約2%、永久歯では約8%の人に現れます。 乳歯の前歯は2本の歯が1本にくっついて癒合歯(ゆごうし)になる場合も。 乳歯の先天性欠如や癒合歯は、永久歯が5割以上の確率で欠如してしまいます。 また奥歯では乳歯があっても永久歯が欠如していることが多く、その場合、二十歳前後まで乳歯が抜けないので気が付かずに大人になってから困ることも。 先天性欠如歯は、矯正治療などの治療を受ければ、見た目やかみ合わせは回復します。 一方そのままにしておくと、その後の治療が困難に。歯の欠如が疑われたら、なるべく早く矯正医の診査を受け、将来の健康なかみ合わせに向けて計画を立てましょう」  次回3月28日付の内容は「ドイツ発の新型舌側矯正装置」についてです。

矯正歯科 東京都 目黒区 オリーブ歯科 歯列矯正

ページのトップに戻る