歯のお話

« 2008年11月 | | 2009年1月 »

子どもとおとなの歯のお話 第6話

081227.jpg

親の歯並びは子どもに遺伝するもの? 
「オリーブ歯科・矯正歯科」の安藤先生に聞きました。 

「子どもは成長が進むにつれ、顔や背格好が両親に似てくるように、八重歯や出っ歯、受け口(反対咬合)などの歯並びやかみ合わせも似てきます。

特に両親どちらかが受け口の場合は注意が必要です。
頭がい骨の中で最も遅く成長するのが下顎(あご)の骨。身長が著しく伸びる思春期成長の時期に下顎も大きくなります。

そのため女子では11歳前後、男子では14歳前後に受け口の程度がグッと強くなる場合があります。

深刻な場合は手術が必要となることもありますが、成長期前の小学校低学年までに受診をし、顎の矯正をすることで手術をしなくて済む場合がほとんどです。
子どもの受け口の程度が軽くても放っておかず、早めに受診をしましょう」 

次回は、1月31日付。内容は「歯並びと歯周病の関係は?」です

矯正歯科 東京都 目黒区 オリーブ歯科 歯列矯正

ページのトップに戻る